shell shell


〜 小さな伝説 〜

(遠い海の小さな島の伝説)


穏やかな海に浮かぶ小さな小さな島。

いつからか箱のような形の舟が
姿を表わします。


まだ何もない船内にも、少しづつ色々な小物たちが集まってきて、ヒソヒソと語り始め、そして待ちきれずに尋ねました。

「いつになったら出発するの。。。?」
「何処に向かうの。。。?」


船長は言いました。

『船を支えている小さな小さな耳の長い子象。
その子象にいつか黄金の二本の牙が生える時。
全てが変わり、奇跡が起きる!』

と。。。

そして。。。小さくつぶやきました。
『行き先は夢の世界。。。』

『馬鹿げてるけど、奴は本気だ。。。』


     閉じる  Lari-go
shell shell